新刊

“ひらめき”の作法 (単行本)

「なるほど、その手があったか!」が量産できる

“ひらめき”の作法
フォーマット:
単行本 電子書籍

明日からすぐに取り掛かれる「これしかない!」発想法。まだ世の中にない、未来のその手があったか! を14編収録。

著者 東 信和
ジャンル 問題解決
出版年月日 2016/05/21
ISBN 9784904336939
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

一般的な発想法を解説する本のほとんどは、過去の事例に当てはめて、その手法の有効性を説明します。過去の成功例を引用して解説するスタイルにすれば、どんな発想法でも「この発想法を使えば、あのヒット商品にたどりつける」となってしまいます。

本書では、過去の事例ではなく、世の中にまだ無い、14の新しい商品・ビジネスモデルを紹介しました。この14のコンセプトは、すべて“ひらめきの作法"を使って考えたものです。

新しい商品・ビジネスモデルによって企業にイノベーションを起こすため、数々のイノベーションをリードしてきた濱口秀司さんの"Break the bias"で始まる手法をベースに、著者自身が実践により生み出した「イノベーションを起こす仕組み」についても解説しています。

第1章 3ステップ ひらめきの作法

 発想段階はブラックボックス?
 “3ステップ ひらめきの作法"、3つの特徴
 “3ステップ ひらめきの作法"は手品

 Case1 アパレルショップの経営を安定させろ
 Case2 学習塾の経営状況を改善せよ
 Case3 本屋さんを救え

第2章 バイアスを特定する、バイアスを壊す

 Case4 ジュースの新商品を企画せよ
 STEP1 バイアスを特定する
 STEP2 バイアスを構造化する
 STEP1- 補「〇〇と言えば△△だよね」を見つける
 STEP2- 補「〇〇と言えば△△だよね」を構造化する
 コラム しりとりゲーム
 STEP3 バイアスを崩す
 バイアス崩しからヒット商品は生まれる
 攻める領域を明確化し、成功確率を上げる
 右脳と左脳、両方を使い倒す
 真ん中に寄せる能力を鍛える

第3章 新結合を考える

 Case5 都会の水族館の利益率を上げろ
 STEP1 新結合を考える
 コラム イノベーションかどうかは顧客が決める
 ストックが多いほうが有利である
 アイデアは、制約条件があるほうが出てくる
 最終決定は 1 人で行う
 ひらめく力を身につけるためのマインド

第4章 ストーリー化して、新結合の合理性を検証する

 Case6 メガネ屋の新サービスを企画せよ
 STEP1 ストーリー化する
 STEP2 接点の設計を確認する
 常にアンテナを張り、挑戦する気持ちを持つ
 コラム 美しさと使いやすさ

第5章 コンセプト作成エクササイズ

 Case7 ECサイトの新規登録を獲得し 利用者数を増加させよ
 Case8 客足減少でジリ貧の街の映画館を救え
 Case9 忙しい主婦の負担を減らせ
 Case10 客足が減少する、ひなびた温泉地を救え
 Case11 苦境に立たされている ファストフードチェーンを救え
 Case12 待ち時間を減らして お店の売上げを増やせ
 Case13 忙しい共働き夫婦のコミュニケーションを活性化せよ
 Case14 企業経営者の視野を広げる講習を企画せよ

第6章 組織づくり

 加速する企業の短命化
 イノベーションを起こせる3つの企業タイプ
 ひらめく力を育むイノベーション・エコシステム
 時間をかけるプロセスと、かけてはいけないプロセス

第7章 コミュニケーション

 意思決定が難しくなる理由
 意思決定の4つのカギ
 イノベーションの5つ目のカギ
 共通領域を見極めよ
 高頻度のコミュニケーションを取る
 思いやりは逆効果

第8章 イノベーション HUB 人材を育成する

  (ガンマ)モデルが機能不全に陥る理由
「イノベーション HUB 人材」という考え方
 イノベーション HUB 人材、6つの特徴
 イノベーション HUB 人材の育て方
 育成に必要な4つの経験

ご注文

1,800円+税

カートに入れる

別フォーマットで購入

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

新刊書籍

お知らせ

一覧