新刊

不動産営業のための会計・税務 基礎知識

不動産営業のための会計・税務 基礎知識

会計を活かした知識があれば、オーナーが何を欲しているのか、相手に一番必要な投資を導き出すことができます。

著者 高橋 隆明
高橋 基貴
小川 克則
服部 夕紀
ジャンル 会計・財務・金融
出版年月日 2018/03/14
ISBN 9784866480077
判型・ページ数 4-6・258ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

第1章 会計とは
1 会計がわかるということは
2 会計の基本は「収益」「費用」「利益」
3 簿記は会計の基本
4 会計のルールは「企業会計原則」
5 決算書は会社の成績表

第2章 損益計算書
1 決算の基礎は損益計算書
2 収益・費用を把握するための原則
3 売上と売上原価がわかれば、会社の本業の状況がわかる
4 内容が盛りだくさんの販売費及び一般管理費
5 営業外収益と営業外費用から、会社の資金需給状況がわかる
6 特別利益・特別損失には、会社の大きな動きが表現される
7 当期純利益

第3章 貸借対照表
1 貸借対照表とは
2 取得原価主義と時価主義
3 資金の運用結果である資産
4 減価償却資産
5 繰延資産
6 のれん(営業権)
7 他人からの資金調達である負債
8 引当金
9 自己資金と利益の蓄積である純資産

第4章 キャッシュフロー計算書
1 キャ ッシュフロー 計算書の概要
2 直接法と間接法
3 キャ ッシュフロー 計算書の仕組み
4 キャ ッシュフロー 計算書の活動区分
5 資金繰り表

第5章 管理会計
1 管理会計とは何か?
2 財務会計と管理会計の違い
3 管理会計のツール
4 損益分岐点分析
5 設備投資の意思決定

第6章 税務
1 会計の利益と法人税の所得
2 個人課税における所得区分と総合課税
3 個人課税における譲渡所得
4 相続税と贈与税
5 消費税

第7章 経営者のための経営分析
1 財務諸表を比較する2つの方法
2 分析指標
3 具体的活用 ― 比較編
4 具体的活用 ― 分析指標編:小売業の例
5 具体的活用 ― 分析指標編:飲食業の例
6 参考数値

第8章 不動産営業のための活用法
1 不動産と減価償却
2 不動産の所有者
3 不動産と借入金
4 住宅借入金等特別控除
5 住宅ローン控除が受けられなくなる事例10選
6 金利と返済方法
7 固定金利と変動金利の逆転現象
8 不動産の活用
9 相続の後こそ不動産は動かせ!

ご注文

1,500円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

新刊書籍