新刊

あなたの中のヒトラーが会社を滅ぼす

右脳に歩み寄る慈愛と慈悲の最高経営学

あなたの中のヒトラーが会社を滅ぼす

あなたは自分を中心に物事を考え、他人を批判、差別し、自分の価値観、モノサシ、基準で、すべてを推し測っていませんか?

著者 藤波 鎭夫
ジャンル マネジメント・経営戦略
リーダーシップ
その他
出版年月日 2018/07/20
ISBN 9784866480114
判型・ページ数 4-6・300ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

「お客さま第一主義」と企業理念に掲げながら、資金繰りや会社、自分の生活を守ることしか考えていないあなたの日常の表情や判断、行動を見て、社員がお客さまを大切にするでしょうか?
 取引先があなたを応援するでしょうか?

 自分の利益のことだけしか考えていないあなたのために、だれが汗水たらして売上げを上げようとがんばるでしょうか?

「エゴ」は、他人を批判し、差別し、自分の価値観である色メガネ、モノサシ、基準、常識で、すべてを推し測ります。

 すべてが自分の都合で、自分中心です。

 その結果、自分と他人との分離を生み、他人の価値観とぶつかり、物事の結果を恨んだり、人を憎んだり、裁いたりするのです。

 ヒトラーのゆがんだ価値観、これこそが「エゴ」という存在です。エゴのエネルギーというものは、過去の記憶と感情で出来上がっています。だれの中にもヒトラーとまったく同じエゴ、価値観は形成されています。

 そう、あなたの中にもヒトラーとまったく同じエゴという価値観が存在するのです。

はじめに
慈愛と慈悲

第1章 あなたの中にヒトラーは潜んでいる

 人類史上最悪の悲劇
   ヒトラーの原点は父親との関係
   エゴは集団化する
   ディートリヒ・エッカートの影響
   ドイツ労働党の出現
   集団化したエゴイストたち
   ヒトラーは悪人か、善人か
   あなたの中にもヒトラーはいる
 経営者のエゴが会社を滅ぼす
 あなたの中のヒトラーを探せ
   自分の中のエゴを見抜く
   エゴの正体を知る
   自分の中のエゴを認識するチェックリスト

第2章 経営がうまくいかない唯一の理由「エゴ」

 経営の目的は、関わるすべての人が「幸せになること」
   利益は結果であり、手段
   物心両面で豊かに
 経営の中心は、「経営者の心の状態」
 経営の結果をもたらす法則(1)
   「心の状態」
   「モチベーション」
   「個性・才能」
 経営の結果をもたらす法則(2)
   外部の刺激からインスピレーション(感情)が生まれる
   感情から表情が生まれる
   表情の次に思考が始まる
   判断、言動、行動が決定される
   一連の流れが、習慣化してしまう
 プラス100とマイナス100の心の状態

第3章 エゴが形成されるメカニズムを知る

 脳科学でみる、あなたの中の異なる人格
   右脳と左脳は別人格
   意図的に右脳に歩み寄る
 右脳と左脳の2つの人格の特徴
   右脳の人格は、思いやりにあふれている
   左脳の人格は、スーパーエゴイスト
 心理学でみる、あなたの中の異なる人格
   「顕在意識」
   「潜在意識」
   「集合的無意識」
 暴走する潜在意識
   湧き上がる「インスピレーション」や「感情」
   湧き上がる「思考パターン」
 7万5000倍の能力差がある潜在意識
   潜在意識には「主語がない」
   真実の記憶
 エゴ形成のプロセス
   体験を通して独自の感情が生まれる
   感情が基準となり独自の価値観が形成される
   価値観、つまりエゴが自分だと錯覚する
   過去の記憶と感情で未来を妄想する
   価値観、つまりエゴが強固になる
   エゴは巧妙にカモフラージュする
 エゴに思考と感情を支配されている
   「煩悩」を知る
   「三毒」を消し去る
   「宇宙の真理」を知る
   目に見えているものは実態ではない
   心のリセットは、地球上のどこででもできる
   ユニバーサル・カンパニーと「思考は現実化する」宇宙の法則を学ぶ
   宇宙とのコミュニケーション・ツールは、言語ではなくエネルギー
   「エゴ砦」の中のトップ・シークレットと向き合う
   右脳に歩み寄る慈愛と慈悲の最高経営学

第4章 右脳に歩み寄る「慈愛と慈悲」の最高経営学

 右脳の人格にシフトする
   短期、中期、長期で計画する
   「エネルギーの転換」こそ、最優先すべきもの
   右脳に歩み寄る最高経営学とは
「右脳に歩み寄る」方法
   「右脳に歩み寄る」には、順序立てたステージがある
   第1ステージ エゴを見抜く
   第2ステージ エゴに支配されていたことを体感する
   第3ステージ エゴの正体と宇宙の真理・法則を学ぶ
   第4ステージ エゴを消し去り、無の心境になる
   第5ステージ 慈愛と慈悲の愛グラスで観る
   第6ステージ 「ユニバーサル・カンパニー」=宇宙の法則を学ぶ
   第7ステージ エゴに支配されていたころのパターンを観て悟る
   第8ステージ 慈愛と慈悲のエネルギーでコミュニケーションする
   第9ステージ 「心のリセット」で、右脳の深い慈愛と慈悲の人格にシフトする
   第10ステージ これまでのエゴに支配されていた事業計画や経営を観て悟る
 目的連続型経営へシフトする
   エゴによる目標志向型経営
   右脳に歩み寄る目的連続型経営
 経営の体型フローチャートで全体像を確認する

第5章 右脳に歩み寄る最高経営学 実践

「経営理念」や「ミッション」
   なぜナチスドイツはユダヤ人虐殺に走ったのか
   まず、「すべてのものに生かされていること」を悟る
   圧が強い経営者ほど反作用が大きい
   エゴのミッション、スローガンが会社を滅ぼす
   自分の中のヒトラーを認め、慈愛と慈悲のエネルギーを表現する
「行動指針」
   リセットして「深い慈愛と慈悲のエネルギー」で行動する
   分離のエネルギーの会社は、長期戦に耐えられない
   物心両面で豊かになる行動指針にする
「戦略ドメイン」「コアコンピタンス」
   強みを生かした土俵で戦う
   事業は環境適応業である
   結果は、アプローチの仕方で決まる
   経営者の人格が、エネルギーの原点
「ビジネスモデル」
   成功を信じて起業する
   右脳による経営の「成功の定義」
   「宇宙の法則」から外れていないか
   「エゴ」の産物になっていないか
   ヒトラーに支配されていないか、スクリーニングをする
   意識の次元が同じ人しか集まらない
「戦略マーケティング」
   顧客の右脳が求めているものを理解する
   愛し続けてもらえるか、最初のアプローチで決まる
   お客さまの3つの心のメカニズムを理解する
   事業の最大のカギを理解する
「ブランディング」
   どのような組織、集団か認識してもらう
   永久に不完全な価値観にアプローチするブランディング
   宇宙の絶対価値に対してアプローチするブランディング
「広告宣伝」
   伝えたい中身はあるのか
   SPCの法則で、ロイヤルスタッフとロイヤルカスタマーをつくる
   S(Share)「心の共有」で、価値ある存在を浸透させる
   P(Participation)「参加」で、「コミュニティ」の意識を醸成させる
   C(Communication)「コミュニケーション」で、価値ある存在の情報を伝達する
「人事(採用、教育)」
   富士山のように、個性・才能が融合すると、感動を生み出す
   個性・才能は、それぞれの使命や役割を持っている
   面接では、敵をつくらないようにする
   宇宙の法則から外れると、時間とともに分離する
「ユニバーサル・カンパニー型経営」
   オーナーシップ 対 パブリック 対 ユニバーサル・カンパニー
   国際宇宙ステーション経営
「財務戦略」
   「恐怖から逃れる」モチベーションに陥っていないか
   「恐怖心」や「煩悩」にアプローチする方法
   「深い慈愛と慈悲のエネルギー」にアプローチする方法
   目指すべき財務のあり方

おわりに

ご注文

1,800円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

新刊書籍